ホーム » 2020 » 3月

月別アーカイブ: 3月 2020

アパマンショップが提供するサービスとは?日本最大の不動産仲介業者

APAMAN株式会社のアパマンという言葉を見聞きしたとき、多くの方がイメージするのはアパマンショップではないでしょうか。アパマンショップは大村浩次が経営するAPAMAN株式会社の大きな事業となっています。
アパマンショップは日本最大級のネットワークを誇り、全国から賃貸物件を探せるのが魅力の一つです。アパマンショップとはどのような事業なのか詳しくご紹介します。

アパマンショップは日本最大の不動産仲介会社
アパマンショップは日本最大級のネットワークを駆使し、全国各地の賃貸物件探しのサポートをしてくれます。
賃貸斡旋店舗数は日本一位であり、日本最大級の賃貸管理戸数を誇っているのも魅力です。圧倒的な情報量により、個人個人の条件に合った賃貸物件を見つけることができるでしょう。例えば保証人不要、メゾネット、デザイナーズ、駐車場物件をはじめ、女性専用、バリアフリー、バルコニーなど個人のこだわり条件にも対応してくれるそうです。また、なかなか見つけるのが困難なペット可物件や、楽器可の情報も多く取り扱っているとのこと。もちろん、エリア、駅、建物の種別などでも探すことができ、賃貸物件を探す人の選択肢として一つの大きな候補となっていることは間違いないでしょう。

海外の物件探しもサポート
アパマンショップでは日本国内だけではなく、海外物件の情報も取り扱っています。2020年現在、マレーシア、中国、タイ、台湾、フィリピンの物件情報を取り扱っているのが特徴です。
アパマンショップのホームページでは、海外移住に関する情報提供も行っています。海外移住が初めての方にとっては不安になるものですが、海外駐在の基礎知識として、心構えや事前確認事項などが解説されています。
各国の情報提供も行っており、気候をはじめどんなイベントがあるか、メインとする宗教や関連する情報、通貨、人口など幅広い情報提供を行っているのです。海外移住を検討する際にはチェックしておきたい情報といえるでしょう。

ドラマティックコミュニケーションをモットーにしたフランチャイズ加盟店募集
大村浩次率いるアパマンショップでは「ドラマティックコミュニケーション」をモットーにしたフランチャイズ加盟店を募集しているようです。フランチャイズに加盟すると収益向上を目指せるアパマンショップのノウハウをはじめとしたサポートを受けられるのです。
例えば商品=人という考え方により、定期的な研修を行っているとのこと。全国的に認知度の高いブランド性を活用したブランディング戦略も行っているのも特徴の一つといえるでしょう。アパマンショップ独自のシステムサービス、ダイレクトツールコミュニケーションツールを活用した情報提供サービス、ネットワークサービスなどが提供されています。

日本一の斡旋店舗数を誇るアパマンショップ
大村浩次が株式会社アパマンショップネットワークを設立したのは、1999年の頃です。今後も、アパマンショップは日本最大級の賃貸管理戸数や日本一の賃貸斡旋店舗数を維持するために、大村浩次は既存のものよりさらに高い価値のサービスの提供を続けていくのでしょう。

アパマンショップのフランチャイズ加盟店戦略|充実のサポート体制が魅力

大村浩次が代表取締役社長を務めるAPAMAN株式会社のプラットフォーム事業にアパマンショップがあります。ただし、アパマンショップはすべて直営ではなく、フランチャイズがあるのを忘れてはいけません。
日本一の賃貸斡旋店舗数になったのはフランチャイズの力が大きいからです。では大村浩次経営のAPAMAN株式会社が作り出したフランチャイズとはどんな内容なのでしょうか。

アパマンショップFCは研修サービスが充実
フランチャイズに加盟後「あとは自由にしてください」ではオーナーも困りますし、効率的な運営ができない可能性も十分にあります。アパマンショップではその点を、充実した研修サービスによってカバーしているのだそうです。
アパマンショップの考え方として「商品=人」があります。そのために定期的な研修をして、人材育成のサポートを行っているのだそうです。成功事例や情報を共有する体制も整っているようです。
経営者に対しても「FCオーナー会議」を年2回開催しており、アパマンショップの戦略などの情報共有を行っているとのこと。エリアごとにオペレーションフィールドカウンセラーを設置し、指導や提案を行っているといいます。このような充実した体制によってオーナーは安心して運営できているのではないでしょうか。

大村浩次についてはこちら

広告戦略とシステムサービス
アパマンショップは日本全国展開しているため、高い認知力を誇るブランド力を持っています。全国規模の広告戦略と、小規模エリアでの広告戦略を共に行うことでアパマンショップというブランドを多くの人に認知してもらい、集客力にもつなげているのです。
広告戦略と一緒に行っているのが、反響増加策だといいます。賃貸物件検索サイトや携帯サイト、フリーペーパーなど多数の媒体を活用した戦略を取っているそうです。
また、AOS(アパマンショップオペレーションシステム)というITを活用したサービスにも積極的に取り組んでいるとのこと。WEBサイトへの掲載や情報誌の入稿、接客までをAOSで行い業務の効率化を図っているのも特徴です。
経営分析のサポートを行う賃貸管理業務総合支援システムAPS(アパマンショッププロパティマネジメントシステム)によって、収益向上のサポートも行っているそうです。

情報提供なども充実!
アパマンショップでは、FCオーナーに対して研修と共に、AOSや専用WEBサイトFC Portalやメールにより情報提供を行っているそうです。具体的には営業ランキング・コンプライアンスや成功事例、エリアによる市場統計などの情報だといいます。
また、建築FC煉瓦の家や、不動産売買のアパマンショップ不動産販売も行っており、オーナーの不動産売買や建築ニーズに対応できるサービスとなっているとのこと。さらにAS社宅ネットやマンスリー事業などをアパマンショップでは展開しています。

店舗数を増やすためFCに加盟したくなるサービスが充実
大村浩次が代表取締役社長であるAPAMAN株式会社の主要事業のひとつアパマンショップですが、店舗数を増やすための魅力的なサービスを積極的に行っています。
中には大村浩次が株式会社アパマンショップネットワークを設立する以前から研究をしていた、不動産賃貸仲介業界のIT化に則ったオーナーをフォローするアイディアが詰め込まれているのだといいます。

アパマンショップが信頼できる理由|実績と研修制度の充実

賃貸物件を保有するオーナーが、アパマンショップを信頼して賃貸管理を任せるのには理由があるようです。APAMAN株式会社代表取締役社長大村浩次が、アパマンショップの賃貸管理をどのように行っているのか知ることは、事業の考え方を知る上でも重要だといえるでしょう。アパマンショップの賃貸管理の特徴をご紹介します。

アパマンショップの賃貸斡旋店舗数は日本一
2019年10月時点、大村浩次率いるアパマンショップの賃貸斡旋店舗数は日本一を誇っています。賃貸管理戸数約103万戸、約25万人の取引オーナー数を誇り、年間賃貸斡旋件数は約48万戸で賃貸斡旋契約店舗数1,093店舗です。
アパマンショップ運営サイトでは、提携する全サイト合計1,000万人以上の訪問実績があるのだそうです。多くのキャンペーン戦略も行っており、例えば来店でFON―Wi-Fiエリアを無料にする、APAMAN株式会社の事業のひとつであるecobikeのクーポンをプレゼントするなどのサービスを提供しているのです。
このように多くの利用者がいることは、ノウハウや経験の積み重ねが期待できます。その積み重ねが土台にあるからこそ信頼できる賃貸管理を可能とし、多くの人がアパマンを選ぶのではないでしょうか。

研修制度が充実し、全国的なネットワークを構築
APAMAN株式会社では、年間で500会場以上の多種多様な研修を開催しているそうです。全国大会や加盟店会議、若手経営勉強会や新卒研修、付帯商品研修などが、人材の質の向上と共にアパマンショップのきめ細やかなサービスにもつながっているといえるでしょう。
また、アパマンショップは、法人営業も積極に行っているとのこと。例えば社員が転勤になった場合、別々の不動産会社だと事務連絡などの手続き関連で大きな手間になるのは否めません。
このほかアパマンショップは全国に1,000店舗のネットワークがあり、店舗間でも地域関係なく部屋の登録情報が共有され、入居者受け入れなどに関してもシステム化してスムーズになっているようです。企業の担当者は転勤者の受け入れ先物件を複数探さなければならない場合でも、アパマンショップにすべて任せればワンストップで解決してくれるかもしれません。

経験に基づいた管理業務と魅力的なサービス
アパマンショップでは賃貸管理業務に定評があります。アパマンショップ設立以降、培ったノウハウを活かしつつ、アンテナを張り巡らし全国に広がるネットワークによって情報を集めることで実現しているのです。
初めて賃貸管理をするオーナーの場合、数戸程度なら対応できるかもしれませんが、数十戸となれば、専門的な知識が必要になってきます。そのようなオーナーに対しアパマンショップがサポートをしているのだそうです。
また、サブリースなどアパマンショップが一括借り上げて管理業務を代行するサービスも展開しています。アパマンショップを活用すれば負担のかかる賃貸管理を軽減することもできるでしょう。

オーナーに対する充実したサービスが魅力
大村浩次が社長であるAPAMAN株式会社の主な事業であるアパマンショップは、入居者だけではなく大家であるオーナーにも多くのメリットがあるサービスを提供しています。
アパマンショップではサービスの質が低下しないよう、多くの研修を行っているのも見逃せません。大村浩次とAPAMAN株式会社が作り出したアパマンショップが支持されるのは人とサービスの質の高さという、確かな理由があるからでしょう。

サブリースによる賃貸経営リスクの解消

代表取締役社長である大村浩次が経営するAPAMAN株式会社の重要事業であるアパマンショップは、賃貸管理サービスも積極的に行っています。サービスのひとつに、空室発生時の賃料が発生しないトラブルを防ぐサブリースサービスを行っています。
アパマンショップに賃貸管理を任せるメリットをサブリースサービスの面からご紹介します。

オーナーの不安を解消するサブリースとは
大村浩次が代表を務めるアパマンショップでは、サブリースを行っています。サブリースはアパマンショップが賃貸人となり、入居者に賃貸するというシステムです。サブリース契約の間は、空室が発生して賃料が得られないというリスクを大幅に減らせます。結果、安定した賃料を確保できるのです。
入居者の苦情やトラブルに関しても、アパマンショップが対応してくれますし、サポート体制も整っているようです。オーナーにとって空室が発生した場合のリスクは非常に大きなものです。アパマンショップが行うサブリースサービスは空室リスクを減少できるため大きな魅力といえるでしょう。

サブリースではどうして賃料を得られるのか
通常の賃貸契約だとオーナーに入居者が賃料を支払います。サブリースはアパマンショップがオーナーの物件を一括賃借する形態です。空室が生じたとしても、アパマンショップリーシングから家賃が支払われます。そのため、オーナーは空室リスクに怯える必要がないというメリットがあるのです。
現代社会では、家族構成やライフスタイル、入居者が何を求めているのかも変化しています。家賃を得られない理由は空室などもありますが、滞納というトラブルも無視できません。
かつてはすべて大家であるオーナーが対応しなければならなかったのですが、サブリースを利用すればアパマンショップにすべて任せられるので問題を解決しやすいといえるでしょう。

サブリースはアパマンショップだからこそ安心!
アパマンショップのサブリースに向いているのは中規模以上のマンションなど、数十戸を管理しなければならないオーナーだといいます。自己管理をしようとしても、専門知識や経験がなければ不備が生じ、トラブルの基になりかねません。
また規模が大きくなれば、自然と空室を防ぐために入居者の募集も必要となります。メインに仕事を持たれている方や、会社を経営している方にとっては賃貸管理まで行うのは困難です。そのような方にとってサブリースはメリットが大きいのではないでしょうか。
他にもサブリースを行えるのはある程度、規模が大きく経験豊かな不動産業者でなければ難しい業務です。その点においても、アパマンショップは信頼できるといえるでしょう。

サブリースサービスによりオーナーの負担を軽減しています
APAMAN株式会社の大村浩次は、アパマンショップによって賃貸、不動産所有者を含めた巨大プラットフォームを先頭に立ち作り上げました。その中にはサブリースのようなオーナーの利益になるサービスなども提供されています。
今後も、価値の高いサービスを提供することを、大村浩次は社長メッセージでも世の中に表明しているのです。

アパマンショップの管理業務とは?ノウハウの充実と質の高さが特徴

大村浩次の経歴の中でアパマンショップの成功は大きな比重を占めています。アパマンショップが成功したのは、大村浩次のITや不動産事業に対する先見性もありますが、充実した管理業務もなくてはならないものです。アパマンショップの管理業務についてご紹介します。

蓄積したノウハウと質の高さがポイント
アパマンショップの賃貸管理を担当しているのはApaman Property株式会社です。オーナーにとって大きな資産となる不動産の運営を行っており、一般管理をはじめ、サブリースの提案もしています。主な業務として、入居希望者の審査、賃貸借契約の代行、契約更新、家賃滞納時の督促、入居者のクレーム、退去処理、リフォームや建物保守などを一手に引き受けているのだそうです。
従来の方法を頑なに守り続けるのではなく、問題があれば改善、改良を日々行っているのもポイントです。複数の賃貸管理業務についてノウハウと賃貸管理における専門知識を基に、全般的なサポートを行っているのだといいます。

細やかな管理業務の徹底でオーナーをサポート
アパマンショップの管理業務は多岐に渡ります。空室がないようにするため、入居者の募集を日々行っているのです。募集計画を立てる、募集広告を掲載するインターネットや雑誌の選定や募集図面の作成も代行しているようです。
いい加減にしていると悪い評判が出るため、審査、賃貸借契約業務も重要な業務です。入居に相応しい人物であるかどうかの審査をはじめとし、保険や共済加入の手続き、契約金明細、賃貸借契約書作成や締結を行っているとのこと。
賃貸管理業務は、集金、敷金の補完、滞納者の督促、定期送金業務です。設備のトラブル、契約更新、退室などの入居者管理業務全般、共用部分の日常清掃から、設備の法定点検など細やかなサポート体制が整っているといいます。

ApamanProperty株式会社は全国各地に拠点があります
ApamanProperty株式会社は東京を中心とした関東圏、北は北海道、南は九州まで各地に拠点が設けられています。賃貸における管理業務は必要不可欠であり、面倒だからと放棄できるものではありません。ただ、数十戸という大規模な物件をひとりのオーナーが管理するのは一苦労です。
例えば修繕費用を受け取っていても、計画的な修繕を行わずにあちこち傷みが目立つ状態になっていればクレームの対象となります。入居者の選定もいい加減に行えば、家賃の滞納や隣人トラブルも増えてしまい、オーナーの負担だけが増大することになりかねません。
複数の賃貸管理の問題について個人で対応するのが困難なら、管理会社選びは重要です。アパマンショップは長年の経験とノウハウにより管理をきちんと行える体制が整っているからこそ信頼されているのではないでしょうか。

APAMAN株式会社の基幹企業であるアパマンショップ
アパマンショップはApamanProperty株式会の基幹企業です。スローガンは「お客様のために一生懸命」で、オーナーのライフパートナーとして運営されています。
大村浩次はプラットフォーム事業のひとつであるアパマンショップを、今後も価値の高いサービスを提供することを表明しています。このことからも、大村浩次が重要視している事業といえるでしょう。