ホーム » 未分類 » サブリースによる賃貸経営リスクの解消

サブリースによる賃貸経営リスクの解消

代表取締役社長である大村浩次が経営するAPAMAN株式会社の重要事業であるアパマンショップは、賃貸管理サービスも積極的に行っています。サービスのひとつに、空室発生時の賃料が発生しないトラブルを防ぐサブリースサービスを行っています。
アパマンショップに賃貸管理を任せるメリットをサブリースサービスの面からご紹介します。

オーナーの不安を解消するサブリースとは
大村浩次が代表を務めるアパマンショップでは、サブリースを行っています。サブリースはアパマンショップが賃貸人となり、入居者に賃貸するというシステムです。サブリース契約の間は、空室が発生して賃料が得られないというリスクを大幅に減らせます。結果、安定した賃料を確保できるのです。
入居者の苦情やトラブルに関しても、アパマンショップが対応してくれますし、サポート体制も整っているようです。オーナーにとって空室が発生した場合のリスクは非常に大きなものです。アパマンショップが行うサブリースサービスは空室リスクを減少できるため大きな魅力といえるでしょう。

サブリースではどうして賃料を得られるのか
通常の賃貸契約だとオーナーに入居者が賃料を支払います。サブリースはアパマンショップがオーナーの物件を一括賃借する形態です。空室が生じたとしても、アパマンショップリーシングから家賃が支払われます。そのため、オーナーは空室リスクに怯える必要がないというメリットがあるのです。
現代社会では、家族構成やライフスタイル、入居者が何を求めているのかも変化しています。家賃を得られない理由は空室などもありますが、滞納というトラブルも無視できません。
かつてはすべて大家であるオーナーが対応しなければならなかったのですが、サブリースを利用すればアパマンショップにすべて任せられるので問題を解決しやすいといえるでしょう。

サブリースはアパマンショップだからこそ安心!
アパマンショップのサブリースに向いているのは中規模以上のマンションなど、数十戸を管理しなければならないオーナーだといいます。自己管理をしようとしても、専門知識や経験がなければ不備が生じ、トラブルの基になりかねません。
また規模が大きくなれば、自然と空室を防ぐために入居者の募集も必要となります。メインに仕事を持たれている方や、会社を経営している方にとっては賃貸管理まで行うのは困難です。そのような方にとってサブリースはメリットが大きいのではないでしょうか。
他にもサブリースを行えるのはある程度、規模が大きく経験豊かな不動産業者でなければ難しい業務です。その点においても、アパマンショップは信頼できるといえるでしょう。

サブリースサービスによりオーナーの負担を軽減しています
APAMAN株式会社の大村浩次は、アパマンショップによって賃貸、不動産所有者を含めた巨大プラットフォームを先頭に立ち作り上げました。その中にはサブリースのようなオーナーの利益になるサービスなども提供されています。
今後も、価値の高いサービスを提供することを、大村浩次は社長メッセージでも世の中に表明しているのです。