ホーム » 未分類 » アパマンショップの管理業務とは?ノウハウの充実と質の高さが特徴

アパマンショップの管理業務とは?ノウハウの充実と質の高さが特徴

大村浩次の経歴の中でアパマンショップの成功は大きな比重を占めています。アパマンショップが成功したのは、大村浩次のITや不動産事業に対する先見性もありますが、充実した管理業務もなくてはならないものです。アパマンショップの管理業務についてご紹介します。

蓄積したノウハウと質の高さがポイント
アパマンショップの賃貸管理を担当しているのはApaman Property株式会社です。オーナーにとって大きな資産となる不動産の運営を行っており、一般管理をはじめ、サブリースの提案もしています。主な業務として、入居希望者の審査、賃貸借契約の代行、契約更新、家賃滞納時の督促、入居者のクレーム、退去処理、リフォームや建物保守などを一手に引き受けているのだそうです。
従来の方法を頑なに守り続けるのではなく、問題があれば改善、改良を日々行っているのもポイントです。複数の賃貸管理業務についてノウハウと賃貸管理における専門知識を基に、全般的なサポートを行っているのだといいます。

細やかな管理業務の徹底でオーナーをサポート
アパマンショップの管理業務は多岐に渡ります。空室がないようにするため、入居者の募集を日々行っているのです。募集計画を立てる、募集広告を掲載するインターネットや雑誌の選定や募集図面の作成も代行しているようです。
いい加減にしていると悪い評判が出るため、審査、賃貸借契約業務も重要な業務です。入居に相応しい人物であるかどうかの審査をはじめとし、保険や共済加入の手続き、契約金明細、賃貸借契約書作成や締結を行っているとのこと。
賃貸管理業務は、集金、敷金の補完、滞納者の督促、定期送金業務です。設備のトラブル、契約更新、退室などの入居者管理業務全般、共用部分の日常清掃から、設備の法定点検など細やかなサポート体制が整っているといいます。

ApamanProperty株式会社は全国各地に拠点があります
ApamanProperty株式会社は東京を中心とした関東圏、北は北海道、南は九州まで各地に拠点が設けられています。賃貸における管理業務は必要不可欠であり、面倒だからと放棄できるものではありません。ただ、数十戸という大規模な物件をひとりのオーナーが管理するのは一苦労です。
例えば修繕費用を受け取っていても、計画的な修繕を行わずにあちこち傷みが目立つ状態になっていればクレームの対象となります。入居者の選定もいい加減に行えば、家賃の滞納や隣人トラブルも増えてしまい、オーナーの負担だけが増大することになりかねません。
複数の賃貸管理の問題について個人で対応するのが困難なら、管理会社選びは重要です。アパマンショップは長年の経験とノウハウにより管理をきちんと行える体制が整っているからこそ信頼されているのではないでしょうか。

APAMAN株式会社の基幹企業であるアパマンショップ
アパマンショップはApamanProperty株式会の基幹企業です。スローガンは「お客様のために一生懸命」で、オーナーのライフパートナーとして運営されています。
大村浩次はプラットフォーム事業のひとつであるアパマンショップを、今後も価値の高いサービスを提供することを表明しています。このことからも、大村浩次が重要視している事業といえるでしょう。