ホーム » 未分類 » アパマンショップのフランチャイズ加盟店戦略|充実のサポート体制が魅力

アパマンショップのフランチャイズ加盟店戦略|充実のサポート体制が魅力

大村浩次が代表取締役社長を務めるAPAMAN株式会社のプラットフォーム事業にアパマンショップがあります。ただし、アパマンショップはすべて直営ではなく、フランチャイズがあるのを忘れてはいけません。
日本一の賃貸斡旋店舗数になったのはフランチャイズの力が大きいからです。では大村浩次経営のAPAMAN株式会社が作り出したフランチャイズとはどんな内容なのでしょうか。

アパマンショップFCは研修サービスが充実
フランチャイズに加盟後「あとは自由にしてください」ではオーナーも困りますし、効率的な運営ができない可能性も十分にあります。アパマンショップではその点を、充実した研修サービスによってカバーしているのだそうです。
アパマンショップの考え方として「商品=人」があります。そのために定期的な研修をして、人材育成のサポートを行っているのだそうです。成功事例や情報を共有する体制も整っているようです。
経営者に対しても「FCオーナー会議」を年2回開催しており、アパマンショップの戦略などの情報共有を行っているとのこと。エリアごとにオペレーションフィールドカウンセラーを設置し、指導や提案を行っているといいます。このような充実した体制によってオーナーは安心して運営できているのではないでしょうか。

大村浩次についてはこちら

広告戦略とシステムサービス
アパマンショップは日本全国展開しているため、高い認知力を誇るブランド力を持っています。全国規模の広告戦略と、小規模エリアでの広告戦略を共に行うことでアパマンショップというブランドを多くの人に認知してもらい、集客力にもつなげているのです。
広告戦略と一緒に行っているのが、反響増加策だといいます。賃貸物件検索サイトや携帯サイト、フリーペーパーなど多数の媒体を活用した戦略を取っているそうです。
また、AOS(アパマンショップオペレーションシステム)というITを活用したサービスにも積極的に取り組んでいるとのこと。WEBサイトへの掲載や情報誌の入稿、接客までをAOSで行い業務の効率化を図っているのも特徴です。
経営分析のサポートを行う賃貸管理業務総合支援システムAPS(アパマンショッププロパティマネジメントシステム)によって、収益向上のサポートも行っているそうです。

情報提供なども充実!
アパマンショップでは、FCオーナーに対して研修と共に、AOSや専用WEBサイトFC Portalやメールにより情報提供を行っているそうです。具体的には営業ランキング・コンプライアンスや成功事例、エリアによる市場統計などの情報だといいます。
また、建築FC煉瓦の家や、不動産売買のアパマンショップ不動産販売も行っており、オーナーの不動産売買や建築ニーズに対応できるサービスとなっているとのこと。さらにAS社宅ネットやマンスリー事業などをアパマンショップでは展開しています。

店舗数を増やすためFCに加盟したくなるサービスが充実
大村浩次が代表取締役社長であるAPAMAN株式会社の主要事業のひとつアパマンショップですが、店舗数を増やすための魅力的なサービスを積極的に行っています。
中には大村浩次が株式会社アパマンショップネットワークを設立する以前から研究をしていた、不動産賃貸仲介業界のIT化に則ったオーナーをフォローするアイディアが詰め込まれているのだといいます。