ホーム » 未分類 » アパマンショップが信頼できる理由|実績と研修制度の充実

アパマンショップが信頼できる理由|実績と研修制度の充実

賃貸物件を保有するオーナーが、アパマンショップを信頼して賃貸管理を任せるのには理由があるようです。APAMAN株式会社代表取締役社長大村浩次が、アパマンショップの賃貸管理をどのように行っているのか知ることは、事業の考え方を知る上でも重要だといえるでしょう。アパマンショップの賃貸管理の特徴をご紹介します。

アパマンショップの賃貸斡旋店舗数は日本一
2019年10月時点、大村浩次率いるアパマンショップの賃貸斡旋店舗数は日本一を誇っています。賃貸管理戸数約103万戸、約25万人の取引オーナー数を誇り、年間賃貸斡旋件数は約48万戸で賃貸斡旋契約店舗数1,093店舗です。
アパマンショップ運営サイトでは、提携する全サイト合計1,000万人以上の訪問実績があるのだそうです。多くのキャンペーン戦略も行っており、例えば来店でFON―Wi-Fiエリアを無料にする、APAMAN株式会社の事業のひとつであるecobikeのクーポンをプレゼントするなどのサービスを提供しているのです。
このように多くの利用者がいることは、ノウハウや経験の積み重ねが期待できます。その積み重ねが土台にあるからこそ信頼できる賃貸管理を可能とし、多くの人がアパマンを選ぶのではないでしょうか。

研修制度が充実し、全国的なネットワークを構築
APAMAN株式会社では、年間で500会場以上の多種多様な研修を開催しているそうです。全国大会や加盟店会議、若手経営勉強会や新卒研修、付帯商品研修などが、人材の質の向上と共にアパマンショップのきめ細やかなサービスにもつながっているといえるでしょう。
また、アパマンショップは、法人営業も積極に行っているとのこと。例えば社員が転勤になった場合、別々の不動産会社だと事務連絡などの手続き関連で大きな手間になるのは否めません。
このほかアパマンショップは全国に1,000店舗のネットワークがあり、店舗間でも地域関係なく部屋の登録情報が共有され、入居者受け入れなどに関してもシステム化してスムーズになっているようです。企業の担当者は転勤者の受け入れ先物件を複数探さなければならない場合でも、アパマンショップにすべて任せればワンストップで解決してくれるかもしれません。

経験に基づいた管理業務と魅力的なサービス
アパマンショップでは賃貸管理業務に定評があります。アパマンショップ設立以降、培ったノウハウを活かしつつ、アンテナを張り巡らし全国に広がるネットワークによって情報を集めることで実現しているのです。
初めて賃貸管理をするオーナーの場合、数戸程度なら対応できるかもしれませんが、数十戸となれば、専門的な知識が必要になってきます。そのようなオーナーに対しアパマンショップがサポートをしているのだそうです。
また、サブリースなどアパマンショップが一括借り上げて管理業務を代行するサービスも展開しています。アパマンショップを活用すれば負担のかかる賃貸管理を軽減することもできるでしょう。

オーナーに対する充実したサービスが魅力
大村浩次が社長であるAPAMAN株式会社の主な事業であるアパマンショップは、入居者だけではなく大家であるオーナーにも多くのメリットがあるサービスを提供しています。
アパマンショップではサービスの質が低下しないよう、多くの研修を行っているのも見逃せません。大村浩次とAPAMAN株式会社が作り出したアパマンショップが支持されるのは人とサービスの質の高さという、確かな理由があるからでしょう。